アイスプラチナショットは短時間で処理可能

"欧米などの先進国では脱毛は当たり前のものとなっており、徐々に日本でも様々な無駄毛の処理が流行しています。
需要もあることから全国的に脱毛エステも増え、安心安全に無駄毛の処理をすることが出来るようになったのです。アイスプラチナショットは光脱毛の一種であり、肌にとても優しい脱毛方法として注目されています。
光を照射した無駄毛にのみ効果を与えますので、お肌に対してダメージを与えてしまうようなことはありません。

 

アイスプラチナショットでの処理中は温かさを感じる程度で痛みを感じることはほとんどありません。
「脱毛は痛みがあるから嫌だな」という人も、安心して無駄毛の処理をすることが出来るでしょう。

 

刺激が少なかったとしても脱毛効果としてはアイスプラチナショットは光脱毛とさほど変わりません。
広い範囲に光を当てることが出来るので、一度の処理にかかる時間は短く、忙しい現代人でも安心ですね。"



アイスプラチナショットは短時間で処理可能ブログ:21-09-13

最近、おれはゴルフを始めました。

友達や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
おれを知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通う男の子とおれとパパ(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

男の子が
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやら男の子にとって
「ジジ(祖父)とおれ(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
男の子は不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはり娘にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
と男の子は半泣きになっているのです。

男の子は
両親と娘は手を繋ぐもの…と感じたようです。

男の子の泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらもおれとパパは手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツしたパパの手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固なパパも
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでもパパと一緒に過ごしたいと感じたのです。

日本酒も飲めないおれにとって、
これからパパと楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。